スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンジェラ・ラベルさんから

聖なる火・本(表紙の写真)_convert_20110224070746

人の心の氷を溶かして気候異変に対処しよう


 地球上でアイスランドほど気温が上がっているところはない。1980年代からその平均的な地上気温は摂氏3度上昇してきている。その間、氷がしだいに溶けはじめ、ローカルのグリーンランドの木々で火が焚けるようになった。

だが、有名なエスキモーのシャーマン、アンガンカ・アンガコスワックはこういう。「氷は実は他の場所でどんどん増えてきている。どこかというと、それは人の心の中だ」。増大する人間の自己満足による安心感、安易なみくびりなどに対処するためにアンガンカは世界中に散らばる他のシャーマンたちと協力して2009年7月の「聖なるファイア・セレモニー」を主催した。写真家のスヴェン・ニーダー、この本の著者であるアンジェラ・ラベルの2名はこの地球上の極北地での特別集会をくまなく取材しコーヒーテーブルでも読める一冊の本に仕上げた。

「世界がそれを最も求めるその日に、極北の地の人々に聖なる火が戻ってくる」――気候異変が、この伝統的なグリーンランドの予言を現実のものとした。長い間、ただただ氷だけがあった場所が、いまや茂みや木々が再び育つ場所へと変わってきている。毎日、アイスランドの氷は20センチ溶けてなくなっている。当地の動物たちの日常のハンティング行動様式も氷塊によりすごい影響を受けている。北極熊たちはいまや生存のために共食いをしているのだ。
2009年の夏、16人のシャーマンや長老を含めた120名の世界市民が多くの大陸からこの集会に参加した。アンガンカの呼びかけに賛同したのだ。

彼らは地球上のかなたから集まってきて、自然と人間との間の調停者になろうと次なるメッセージを発した。「そろそろ目覚めて、気が付きなさい。われわれにはもう無駄にする時間などないのです。世界はかつて今日のようにつながったことはなかったけれども、人々はお互いが離反したままで、また自然からも遠ざかったままできている。はびこっているのは無関心と冷淡さ。このままでは人間は世界の破壊を余儀なくされる。第二の地球なんて存在しないのに」


「この比嘉りかさんの紹介文は昨年ドイツで出版されました『2009年開催のグリーンランドの“聖なる火セレモニー”』に関する本(ドイツ語で出版)で、ご主人の比嘉良丸さんとともに紹介されました部分です。これは、以前にご紹介すべきでしたが遅れました。どうぞよろしくお願いいたします」




rica_2010_canada.jpg


比嘉りか

日本のシャーマンである比嘉りかは38歳で沖縄に在住している。彼女はご亭主であるシャーマンの比嘉良丸とひんぱんに日本国内を旅して歩いている。これは特別に選択された場所での祈祷や儀式を夫婦で行うためである。

「われわれのお祈りと儀式は世界に再び均衡をもたらすためのものだと願っています。私たちは山、湖、そしておもに原子力発電所を訪ねてお祈りの旅をしています。その理由は私の夫・比嘉良丸がある啓示を受けたからです。その啓示とは、自然災害が発生し、それが原発の事故につながり、ひいては想像すらできないような政治的、経済的な変化をもたらすこととなり、これが第三次世界大戦にむすびつくという啓示でした。こうしたことが現実に起こらないようにお祈りをしております。人々が自ら発生させたその危険性を認識し、目覚めるためにお祈りをしているのです。神々にお願いをしましてこうした事態が起こらないようにお願いをしています。こうした最悪の事態を回避できるその域にまで私たちがいたれるまで神様にお祈りをしているのです。こうした日本での私たちの活動について、海外でもみなさんにお伝えしています。世界のいろいろの大陸の人たちがどのようにしてこうした祈りの活動に加わってきたのかを、われわれが住んでいるこの世界のバランスを維持するためにどのようなお祈りをしてきたのかを、お伝えしています。私たちの活動はまだ始めたばかりですから賛同してくれる聴衆はまだ数少ないのですが、きっとこうした行動がよりよい世界を築くために役立つと信じています。

多くの先祖たちから継承されてきた古代からの予言は母なる地球が変わっていくということです。寒い地域が熱帯の地域になるといわれています。そうした予言がもし、万一現実のものになれば、われわれの先祖たちからのメッセージは、われわれがこれからの変化のなかを生き残るための大きな力になります。ですから、先祖たちの知恵を保持し、大事にしないといけないのです。これが契機となってひとびとがお互いがそれぞれむすびつくようになり、世界がいがみ合うのではなく、むしろ協力をしないといけない、というより大きな意識が持てるようになるでしょう。そうすれば、母なる地球をよりよい方向へと向けるために、世界を変えるためにお互いに協力ができるようになるでしょう」。


書籍
聖書の暗号とスピリットからの啓示

聖書の暗号とスピリットからの啓示
著者:比嘉良丸
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


地球規模の大変動が起こるとき、私たちはいかに生きるか。●地球上の精霊たちは、人類に未来を託すべきか否かを審議している。●宇宙の高度な存在達が、地球人の覚醒を待っている。●福島の事故から教訓を生かさないと、事故はあと三回起こる。●安心して子孫を残せるよう、これからは母系社会になる。●日本を戦争に向かわせようと闇の勢力が暗躍している。

いのちの地球よ永遠にあれ

いのちの地球よ永遠にあれ
著者:比嘉良丸
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


各地で行った勉強会(学びの和)などの内容などから、より良き未来を子供たちに残すためにぜひ知っておいて頂きたいことを記しました。さまざまな都合で勉強会に参加できない方などは是非この本を買ってお読みください。勉強会に参加頂いている方も、聞いた内容をより深く、明確に理解するためにぜひお買い求めください。よろしくお願いいたします。

ウェブショップでも販売いたしております。

祈り合わせ、更新案内
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。