スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サビーナ・アイッジャズさんからお礼のメッセージ

デイビッドさんから比嘉良丸・りかさんたちへ、ぜひよろしくとのメッセージが届きました。
優しいお言葉とご支援、ありがとうございます。
いただきましたこのお言葉がどれだけ素晴らしいものか、意味のあるものか伝えられません。
私たちにとってはとても大きな意味を持つものです。
どうかお元気で、またご連絡ください。

サビーナ・アイッジャズ



Please convey Dave's thanks to Yoshimaru and Rica! Thank you all for your kind words and support. It means so much to us.

Take care and keep in touch :)

Sabina Ijaz
スポンサーサイト

デイヴィッド・コーチェーンさんへお祝いのメッセージ

デイビットさんの授与されました章は、とても素晴らしいものであり、また、土着の者に勇気が与えられる賞だと思います。
土着の方々は本当に迫害を受けてきています。
ひどいところでは、絶滅という状態へと追い込まれた民族もいます。
そして、人権も無いような扱いを受けている方々がいる中、厳しい迫害を受けてきたカナダでこのような賞が受けられるということは、本当に素晴らしいことであります。

それを、政府が行ったということは、本当に素晴らしく、民族にとって希望の光がさしたようなものだと感じています。
デイビットさんがおっしゃっているように、土着の方々はその土地に根付いた生活の知恵を持っていらっしゃいます。
今後、その知恵は本当に必要なものとなり、多くの命を救う手だてになります。
それを、政府が認めたということは、本当にうれしいことです。
デイビットさん達も、自分たちの伝統や言葉を政府から弾圧された歴史があります。
沖縄も、沖縄の言葉をしゃべってはいけないという時代がありました。そのような時代を乗り越え
そして、自分達の文化に誇りを持ち、大切に生きてきた証として、その勇気と信念がこの賞を呼び込んだのではないでしょうか。

本当に自分のことのようにうれしく思っております。
心よりお祝いを申し上げます。

比嘉良丸、りか




Such a marvelous award it is that Mr. David Courchene was given from the House of Commons of your country.
We guess that it is one of the best honors that you can get that can give power and courage to the people who
are living as indigenous people at your place. We are afraid that many of your people( indigenous people) have beeen
prosecuted for long. We hear that many have been devastated in history . So we think that this is such a wonderful news
to hear! We feel that the Canadian Government has recognized the importance of your beings and this means that many lights
are shining upon you now. As David-san says, many indigenous people carry their own knowledge and wisdom.
They can help save the world from going down. We are so glad that your Government has finally recoginized and
acknowledged your achievements. We cannot be happier to hear all this.
We people in Okinawa went through with the period of speaking nothing and bearing the suppression and prosecution.
We think that David-san and all his followers have overcome such hard times and as a result,David-san, as their
representative, has been awarded this precious award.
This is only the proof that you people have survied it all the way.
We are sending you our best “hello” and “congratulations” for this award.
Our spirits and hearts are with you.

Yoshimaru and Rica Higa

沖縄からのメッセージ

 これは沖縄の比嘉良丸・りかさんからの、3月11日に起こりました日本での災害に関するメッセージです。
同メッセージは4月30日から5月1日まで開催されました第3回伝統土着知識人会議で紹介されるべくカナダのタートル・ロッジの創設者であるデイヴィッド・コーチェーン氏に送られたものです。

 いま、そのメッセージをみなさんとシェアしたいと思います。
読んでいただけましたら幸いです。
         
比嘉良丸・りか



Hello Friends

This is a message from Yoshimaru and Rica Higa in Okinawa, Japan
regarding the disaster that happened in Japan on March 11.
The message was originally sent to Mr. David Courchene, founder
of the Turtle Lodge, Canada to be introduced at the Third International
Roundtable Supporting Ancient Indigenous Knowledge(April 30 to May 1).

Now we would like to share it with you(please see the attachment).
We will appreciate it if you read it.
We also welcome your messages.
Thank you.
Yoshimaru and Rica Higa






沖縄からのメッセージ

比嘉良丸・りか
2011.4.20


このたび、沖縄で4月3日の平和のセレモニー平和のメッセージを多くの方々からいただきましてありがとうございました。
この場にいらっしゃいます尊敬する長老やシャーマンの皆様も、ご存知の通り私の祖国日本の東北地方で大震災が起き約2万7千人以上の方が亡くなり、そして行方不明になられました。
あまりにも苦しい惨劇でした。また、決して起きていけない出来事、いや起こしてならない事故が起こってしまいました。
原子力発電所施設事故、その事故は震災によるものではなくあれは、人災による事故です。
しかし、勘違いをしないでください。これは、福島第一原発で働いていらっしゃいます方々の責任と言う意味ではありません。
問題と責任は電力会社企業のトップと国の責任です。
一部の政党でなく 全ての政党と政治家の責任です。
今回の出来事でこの国の主権、国民の生命と財産を守る役目、国が一番に抱える大事な国家責任を果たせないずさんな対応、国指導で国家危機を回避出来ない指導力のなさ、判断力と決断力のなさが、私たち国民には、いかにも国家と企業のトップが結託して国民生命、命よりも企業財政と利益を優先しているように見えます。
この国は、本当に核兵器による被爆国なのか。この国は、本当に放射能の恐ろしさを知っているのか、それを疑いなくなります。
そして、放射能によって汚染された水を海へと流しゆくということが、生命の源である場所を汚染しているということに気づいているのでしょうか。
すべての命の基本となり、元となり、根本である水。太陽によって暖められた海からの水蒸気が山へと移動し、雨を降らせ、水を生みます。その間に人間を含め様々な命を産み、育みます。
人間の世界においては、国境というものがありますが、自然には、人間のつくった国境というものは関係ありません。
海流は、国境を関係なく地球を回り、風も、雨も、人間の作った国境というものは関係なく、地球という星を循環します。
今、しっかりと意識を持たなくてはならないことは、一つの出来事は、すべてに波及するということだと考えます。
一つの国の出来事は、その国だけの問題ではなく、地球という国の問題になるのです。隣の国も、その隣の国も、遠く離れた国も、どんなに近代化が進んだ国であっても、自然の中に生きており、自然を皆で共有しているのです。
今、国の利益や駆け引き、会社の利益や駆け引きなど関係なく、自分のことと捉え、自然環境をよき方向へと整えてゆかなければならないと考えます。
人間が過ごしてきた中での、破壊や汚染です。人間の知恵、技術を集め、協力することで、改善し修復してゆくことが出来ることであり、それは、この星に対しても命を与えてくれていることへの恩返し、感謝、尊敬の行動になります。

私自身、両親と兄姉を含め家族9人の内5人が第二次世界大戦太平洋戦の広島で核兵器原爆投下のさいの被爆者であり、私の母親が常に伝えていたことは「人々の偏見と差別、迫害、そして何よりも被曝したことでの様々な不安、苦しみが消えない」と言っていました。
被爆者として 自分の息子に嫁の来てがあるか、娘は嫁にいけるか。また被爆者二世として生まれて来る子が、五体満足な身体で生まれて来るか、病気を背負っていないか、孫は大丈夫か、曾孫は大丈夫かと不安にさいなまれ、赤ちゃんが生まれて来るまで、その不安は、消えなかったと言います。
母親は祈り人として83歳で亡くなる最後の最後まで「戦争の悲惨さ、原爆核兵器の恐ろしさ放射能の被曝者の悲劇と不安、苦しみを次の人類にあじあわせてはならない」とそれらすべての要因をなくす祈り、ご神事を行って来ました。
母はこうも申してもおりました。子を身ごもり子がお腹中で成長し、命を感じ、命がどんなに大切か素晴らしいか、産み落とすまでのうみの苦しみをへて、産んだ子を見た瞬間の喜び、愛しさ。子に乳をあげる時、命を感じ命の大切さを知ったとき、命を産みおとす母親というものは、この大地と同じだと。
人々は、まず大地をしっかりと見据え、知り、この大地の全ての命を感じながら大地にしっかりと根はりながらが、天を仰ぎ生き行くことが大切であると常々言っておりました。

母親が亡くなった後、私が母の意志を継ぎ日本列島に自然災害が起きないように、すべての原子力施設で無事故・無難を願い、1年に何周も巡って祈りをしてました。
今回の事故前まで啓示で危ないことを伝えられており、事前に福島第一原発を7回通って無事故・無難をお祈りしておりましたが、あのような災いが起きてしまいました。

そして、このような危機に立ち上がり、命もかえりみず志願し、今、あの事故が起きた原子炉の中、これ以上の最悪な状態を回避する為に努力している方々がいます。
その方々の家族がどんな気持ちで、放射能の溢れる原子炉の中に送りだしたかは、私たちが、思い想像する以上に、ご家族の決断した心の内は、本当に言葉で言い表すことできないものであり、その多くの人々のことを考え、決断した行動に、感謝を超えて祈る事しかできない自分自身がいます。
志願して福島第一原発の原子炉の中で活動中の方々が、1日も早く事故を収拾して、身体に何らの影響なくご家族のもとへと戻ること出来ますように祈る次第です。
今多く人々が家族を失い、悲しみ、人生のどん底いる方々が、さらに放射能の汚染に怯えております。
このような人々に皆様の愛情の念で生きる力を生きる希望を感じるメッセージをどうかお送り下さい。

この世の中は一部の人々の祈りや、力、あるいはその能力で変わることは難しいです。
やはり人一人一人の意識、思い、願い、行動が伴って、初めて世の中に反映し、世の中の未来が良くなると思っております。
このような出来事がおこったからこそ、改めて自然とかかわり生きている様々な命というものを考え、そして、その多くの命と共に生きているということを意識することが大切であると考えます。
このたび亡くなられた方々、失われた多くの命、汚染されているさまざまな命、そして次へと繋がれてゆく命のためにも、今、生きている者たちが、今、協力しあいこの大切な命の水をたたえる、多くの命の家である、この星を、命の住みよい場所へと改善してゆくことが大変重要になります。
そのためにも、どうか皆さまの経験を積んだ知恵、言葉、愛情で、精霊たちの言葉を知恵、父神 母神の愛情と知恵のお言葉をご理解いただくようお願いします。
人として、自然の子として、神の子としての気づき、覚醒をうながすために長老やシャーマンの方々のメッセージを日本の人々にお送りください。




A Message from Shaman, Okinawa, Japan
Yoshimaru and Rica Higa
April 20, 2011


Thank you so much for sending many messages from many people for our ceremony of peace held on April 3 in Okinawa, Japan.
All the people gathered here, including respectful elders and shamans, may know about the news that the big earthquake and the tsunami in northern Japan have caused so many casualties amounting to more than 27,000 in all including those missing.
It was such a tragedy. And the accident that should not have happened did happen. The accident at the nuclear power plants caused by this disaster is a human accident.
Please do not take it wrong. I am not saying that it was the fault and responsibility of the people working at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plants
All the blames and responsibilities should go to the leaders of the Electric Power Company and the Government of Japan. It is the responsibility of all the political parties and politicians in Japan, not one political party alone.
This time I have witnessed the careless ways of dealing with the most important matter in the Japanese Government. They should protect our sovereignty, properties and most of all, our lives. I have witnessed the lack of leadership and good judgment to overcome nation’s crisis in our leaders. The way they are handling things look to us people as if the leaders of the Government and business prefer their profit to our own lives.
Is Japan a country that really suffered from atomic weapons? Or, is this country aware of the horror of radiation at all, I wonder.
Or, do they realize that their action to release the contaminated water by radiation into the sea is an action of contaminating the very source of life itself?
Water is the very fundamental source of life.
The warmed sea water turns to be steam and it goes up to mountains, and then it becomes the source of rain and water. In the meantime, it gives various many lives, including us people, and breed them all.
There are borders in the world of us people. But in the world of nature, there is no such border at all. The sea currents circulate around the Earth and they have nothing to do with borders. It is the same with the wind and rain. They have nothing to do with borders. They just circulate in the star called Earth.
We have to be sure of one important thing. It is that one event is related to everything around.
One event in one nation is not an issue of that nation alone. It is the issue of the Earth itself. All the nations, yours and your neighboring nation and others, are living in the same nature, no matter how developed your nation may be. It is an issue of a nation called Earth.
What is important now is to take what is happening as your own matter and try to guide the environment to a better direction. It has nothing to do with the profits and tactics of any nation or any corporation.
What I am talking about is destruction and contamination caused by humans. It is possible for us to solve this problem, if we stick together and use our wisdom and techniques in cooperation. If we can do it, it will be an action to appreciate, thank and respect this star for giving us our lives.
I am a victim of the atomic bombing in Hiroshima. Among nine people in my family, including my parents, five have suffered from the atomic bombing in Hiroshima during the Second World War.
My mother told me something I cannot forget. She said, “ I cannot get away from the fear and agony of being suffered from that bombing, and I cannot get away from being prejudiced and discriminated”.
She was afraid all the time as a victim of the atomic bombing. She was afraid whether her sons can get married, whether her daughters can get married, whether their babies, as second generation of the atomic-suffered, can be born healthy. She was worried whether her grandchildren or their babies will be all right or not. She told me that this fear did not leave her.
My mother was a shaman. She continued her prayers and divine ceremonies until she died at the age of 83. She was saying to me, “ You should not let the next generation to go through with the misery, fear and agony of the war, atomic weapons and atomic-suffered. ”
She also said this.
When she got pregnant, she felt a life in her and understood how important and marvelous that is. The moment she had a baby after a long pain, she felt the best joy as mother. When she was giving milk to her baby, the moment she felt the importance of life, she got to know that mother is the same as the earth itself.
She said that it is important for everyone to see, grasp, and feel the earth first. She said that it is important to root into the ground and see the heaven at the same time. After she passed away, I inherited her will and started my divine ceremonies and activities. I travelled all around Japan hoping a peace everywhere and no natural disaster will take place. I visited all the nuclear power plants and prayed there for peace.
I received a revelation that a critical moment will come and went to Fukushima Daiichi seven times for prayer before the accident. And it happened.
There are people who are working in the worst situation at the nuclear power plants now. They stood up, volunteered and went there for recovery.
I cannot imagine how their families are taking it. It is beyond my comprehension. How are their families feeling now? All I can do now is to pray. How can I thank them more?
I am hoping for the people who have volunteered to work inside the zone of Fukushima Daiichi to solve the problem. I do hope that they will accomplish the job and come back home safely as soon as possible.
This time, so many people have lost their families and they are desperate. Moreover, they are afraid of radiation.
I beg you to send them your messages full of love and life.
This world is hard to make a change, even if you pray.
When we see a union of each wish, hope and action, it is probably the time to start an action to change the world.
The disaster happened and it gave us a clue to know that we are related to the nature and that we are coexisting. This disaster awakened us in this way.
I guess that it will be very important for all of us to make this star, our home, a better place for living. It is for those already deceased, for those contaminated, and for those who will live in next generation.
For that, please send your messages to the people of Japan. Please send us your words of love and wisdom. I beg you elders, shamans and everyone here.
Thank you.


書籍
聖書の暗号とスピリットからの啓示

聖書の暗号とスピリットからの啓示
著者:比嘉良丸
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


地球規模の大変動が起こるとき、私たちはいかに生きるか。●地球上の精霊たちは、人類に未来を託すべきか否かを審議している。●宇宙の高度な存在達が、地球人の覚醒を待っている。●福島の事故から教訓を生かさないと、事故はあと三回起こる。●安心して子孫を残せるよう、これからは母系社会になる。●日本を戦争に向かわせようと闇の勢力が暗躍している。

いのちの地球よ永遠にあれ

いのちの地球よ永遠にあれ
著者:比嘉良丸
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


各地で行った勉強会(学びの和)などの内容などから、より良き未来を子供たちに残すためにぜひ知っておいて頂きたいことを記しました。さまざまな都合で勉強会に参加できない方などは是非この本を買ってお読みください。勉強会に参加頂いている方も、聞いた内容をより深く、明確に理解するためにぜひお買い求めください。よろしくお願いいたします。

ウェブショップでも販売いたしております。

祈り合わせ、更新案内
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。