スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエ・フリーデルさんから

2011年1月6日

ウエ・フリーデルさんからの新年のメッセージ

われわれのサークルにとって今年は新しい始まりの年になります。
近い将来にみんなで集まって、この地球上のすべての生命を大切にすることがいかに大事かということを、祈りとともに声高に伝える機会を設けたいと思っています。
この地球上に住むすべての人々にとって、この美しい地球は自分たちが住んでいる故郷そのものであり、ゆえに人類はその進化をさらに遂げていく必要があります。
今年は、できるだけ多くの同胞が集まって、われわれの身体、魂、心、そしてスピリットを育んでくれているすべてのもの(お互いの時間、考え、祈り、歌、食べ物や飲み物、陽光、雨など)を分かち合えることを祈っています。われわれすべてを包み守ってくれているその恩恵に対して敬意を払い、またわれわれがこうして健康でいられることに感謝をします。
みなさんのご健勝をお祈りします。

ウエ・フリーデル
スポンサーサイト

アンガンカ・アンガコスワックさんから

2011年1月3日
Angaangaq Angakkorsuaq(アンガンカ・アンガコスワック)さんからのメッセージ

私はAngaangaq (アンガンカ)です。私の出身は大きな氷の国、アイスランドです。比嘉良丸・りかさんたちは2009年の7月に私の故郷でありますこの地にいらっしゃられました。世界の頂点に位置します“聖なる火”(セイクレッド・ファイア)にてお祈りをしてくださいました。比嘉良丸・りかさんご両人のような大事な方々をゲストとして当地にお迎えできたのは大変な光栄でした。当地はだれもがいまだにその起源がわからないような大木がたくさん繁っており、育っています。私たちは海からとれた油を用いて料理をつくり、暖をとり、灯りにもできます。しかし、今日では再び、母なる地球からいただいた火によって暖をとり、灯りとしています。母なる地球は変わりつつあります。そして、大きな氷塊はだんだんと溶けていっています。

2009年には世界中から多くの人たちにここグリーンランドに集まっていただきました。それは始まりと終わりのない“人の輪・環”の表現そのものであり、私たちが地球に属しているという証(あかし)でもありました。私たちは氷そのものが自分で話すのを、この私たちの耳で聴きました。氷塊はほぼ20分ごとにブロックが次第に溶けていっています。大きな氷塊がまるで雷のように大きな音をたてながら倒壊していくその姿はすさまじいもので、まさに私たちが歩き、眠り、お祈りをし、お祝いをしたその地球そのものを揺るがしているかのようでもあります。

私のおばあさんはこう言いました。
「一番溶けやすい氷は地にある氷だよ。一番溶けにくい氷は人の心のなかにある氷だよ。人の心のなかにある氷を溶かしていけば、世界が変えられるよ。そうすると人の知恵を賢く使うことができるのだよ」

日出る(いずる)国の方々へ、
人の心のなかにある氷を溶かすようにお祈りをしましょう。
みなさんのご協力があれば、きっとこの世界を変え、私たちが持っている知恵を上手に使うことができるようになる、そのチャンスがくる、と私は信じています。

みなさんとの結束のもとで―――
Angaangaq (アンガンカ)―――“彼の叔父さんのように見える男”―――より

エリザベス・アロヨさんからの新年のメッセージ

2011年1月1日
【Don Alejandro Cirilo Oxlaj(ドン・アレハンドロ・シリロ・オクスラ)のご夫人、
Elizabeth Araujo(エリザベス・アロヨ)さんからの新年のメッセージ】

こんにちは、比嘉良丸・りかさん、そしてみなさま方、
グアテマラからの新年のごあいさつです。

今年こそ、みなさまの夢が実現されることを祈っています。
比嘉良丸・りかさん、京都の阿含宗のお寺でお会いできましてとても楽しかったです。
もっと一緒にお時間を過ごしたかったのですが、やることが多くてけたたましく、気がついたときにはあなた方はもういらっしゃいませんでした。どこかにいらっしゃるかもしれないとお探ししたのですが、もうお去りになったあとでした。浅川嘉富先生もご同様でした。翌日、浅川先生とは別件でご一緒できましたけども。

2010年はすでに過ぎました。残念なことに予定していました集会、ギャザリングが当地グアテマラではできませんでした。今年、2011年は少し情勢が変わってくるとは思いますが、この夏のひどい自然災害のために、我が国では大統領が集会のために割いた予算を道路の修復のために回す必要性が出てきました。我が国の首都と空港に近い場所にある火山のひとつが爆発して、それが10日間も続きました。その後始末、整理整頓、掃除などにかなりの労力を要しました。また、ハリケーンが2つも襲ってきて、雨もなんと7カ月間も降り続きました。このために、大事な道路がひどい状態になってしまったのです。今年は一体どうなるのか、その進展を見届けたいと思っています。

ドン・アレハンドロ・シリロ・オクスラからのメッセージですが、現在、家には不在で数日間、街を出ておりますので私が彼の代わりにこのメッセージをお送りしています。さて、お二人の地道、かつ活発なご活動、おめでとうございます。英語のブログがいよいよ立ち上がるそうで心待ちにしています。

Elizabeth Araujo(エリザベス・アロヨ)
書籍
聖書の暗号とスピリットからの啓示

聖書の暗号とスピリットからの啓示
著者:比嘉良丸
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


地球規模の大変動が起こるとき、私たちはいかに生きるか。●地球上の精霊たちは、人類に未来を託すべきか否かを審議している。●宇宙の高度な存在達が、地球人の覚醒を待っている。●福島の事故から教訓を生かさないと、事故はあと三回起こる。●安心して子孫を残せるよう、これからは母系社会になる。●日本を戦争に向かわせようと闇の勢力が暗躍している。

いのちの地球よ永遠にあれ

いのちの地球よ永遠にあれ
著者:比嘉良丸
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


各地で行った勉強会(学びの和)などの内容などから、より良き未来を子供たちに残すためにぜひ知っておいて頂きたいことを記しました。さまざまな都合で勉強会に参加できない方などは是非この本を買ってお読みください。勉強会に参加頂いている方も、聞いた内容をより深く、明確に理解するためにぜひお買い求めください。よろしくお願いいたします。

ウェブショップでも販売いたしております。

祈り合わせ、更新案内
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。