スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツのウェ・フリーデル(Uwe Friedel)さんから

親愛なる比嘉良丸・りかさん

 イタリアのトスカーニーにある「人と動物の生活圏」で2週間の「スピリチュアル・ビジョン・ダンス」というイベントから戻ってきたばかりです。まだまだ今後も活動を続けていきます。
祖父母であるヒューゴとインゲは30歳から50歳代までの年齢層にいろいろと活動について指導してくれています。

 スピリチュアルな世界と普通の現実の世界で今後、われわれ自身の責任をどうとっていくかという活動です。16歳から30歳までの若い年齢層もいますから彼たちが新しい息吹を吹き込んでくれるはずです。ですからわれわれの「初等サークル」には孫たちを含めれば4つの世代がいるわけです。

 今後、将来にこのサークルが自動消滅することもありえますが続けていくことも可能です。このサークルを組織化することはありませんが自然発生的なサークルとして存続させることはできます。
それには新しいエネルギー、やる気、献身、誠意、恩恵がぜひとも必要になってきます。われわれは正しい道を歩いていると思います。

 できましたらインドでのビジョンダンスにご招待させてください。
正直いいましてあなたたちがこの場にいらっしゃるのが正しいことかそうでないのかはわかりません。
それは違うスピリチュアルな世界からの人たちが集まると混乱の可能性もあるからです。
ですが、そうした疑念をも含めてすべての伝統を持つ人たちが集めるということも大事だと思います。

鷲(ワシ)は飛ぶように魚は泳ぐようにつくられていますから一緒に空あるいは水中に入ればフルパワーが出せないかもしれません。
 ですがお二人を敢えてお招きしたいと思っています。祖父のヒューゴはあなたたちのことをとても尊敬しています。あなたたちが本当にスピリチュアルだからです。(ダライ・ラマはこういいました。「地球の保存を真剣に語ってケアしないものはスピリチュアルであるとはいえない」)。
さてどうでしょうか。
残念ですが、インドまでの旅費など資金的な援助はできません。私たちには資金がないからです。

 もし短期間でも国連の生物多様性会議での祈りと踊りのイベントが開かれますインドにいらっしゃれることができましたら、ぜひともどうぞ。
音楽とコンサートに関するウェブサイトは下記の通りです。
(www.music-for-diversity.info).

日本へ善意をこめて
 ウェ・フリーデル



Dear Yoshimaru-San and Rica-San,

We are back from a very blessed 2 weeks "Spirit Vision Dance" in our
"Biotope of Humaness" in Toscany, Italy.
We go forward. Hugo and Inge, our grandfather and grandmother, more and
more back down from the activities and teach us (the youngers between 35
and 50) to overtake responsibilities, both in the spirtual and the
ordinary world.
We also have many young people between 16 and 30 coming and bringing
fresh enery. So now we are three generations in our "elementary
circles", with our babies and children even four.
This has happened since Wallace Black Elk started to teach Hugo and
Inge.
 It is possible that our circle will fade away in future and it is
possible that we will keep it alive. For sure, we won't make an
organisation out of it and keep it alive on a superficial way. So we
need good energy, and willingness and true dedication and honesty and
blessings to keep it living.
We seem to be on a good path.
Still let me repeat my invitation for you to come to our Vision Dance in
one of the following ways. I don't know if it is RIGHT that you come,
because we have made the experience that when people from different
spiritual traditions come together, there IS a danger of confusion and
mixing and it is rather challenging to respect all traditions and their
needs.
 An eagle is made to fly and a fish to swim and when they meet either in
the air or in the water, one of them won't have full power...
But my heart says that I would be happy to welcome you one day in our
place and also Hugo respects you very much - because you are really
spiritual (Dalai Lama saying: A person who does NOT care for the
preservation of Earth can't call himself spiritual). So let's see.

Unfortunately we can't support you with money for the travel, as we
simply do not have free money.
Also, if you still decide on a short term to come to India for support
of the praying and music for good decisions at the
UN-biodiversity-conference, you are welcome.
The website (with music files) about the concerts is updated
(www.music-for-diversity.info).

All the best to Japan,
Uwe Friedel
スポンサーサイト

ドイツのキャスリン・ワーナーさんの関係者から

親愛な比嘉良丸・りかさま

お考えとフィーリングをありがとうございました。

あなたたちからのおことばでなぜキャスリンが他界したのかがよくわかりました。
ご指摘のように彼女は非常に洗練され、また高遠な心の持ち主でした。
この変化の時代に人間がどうやってより高レベルのコミュニケーションの手段を得ることができるか、またその意識を高められるかが彼女の目標でした。
あなた方のことは彼女から聞いています。これからもいろいろと教えてください。いつでも
私にご連絡をください。

ありがとうございました。
いつもみなさんと一緒にいます。

愛を

セヴギ



Dear Yoshimaru und Rica Higa,

thank you a lot for telling me about your thoughts and feelings! Your
words helped me to understand better, why Kathrin left us! Yes, she was/
is as you say highly sophisticated and has a lofty mind. Her aim was
always helping other bpeople in this times of change to reach higher
levels of conscoiuness to pass this time easier und more confident with
others and themselves....She told me about you both and I would
appreciate hearing about your work and thoughts if you like! You can
always stay in touch and send me mails to: s.soeyler@gmx.de.

Thank you and I think of you!

Love, Sevgi

ドイツのウェ・フリーデル(Uwe Friedel)さんから

みなさん

 下記のものをごらんください。これは日本に関するドイツでの報道です。

http://www.taz.de/170000-Atom-Gegner-protestieren-in-Japan/!97399/


 さて、インターネット、NGOなどで日本での原発停止による節電に関する情報が得られる組織のことをご存知でしたらお教えください。できるだけ正確な情報をドイツでご紹介したいと思います。
また、節電に関する新しい法整備に関する情報があればそれも欲しいです。
ご存知の通り、ドイツは原発停止による節電などを含めた諸策を模索中でありそのために必要な情報が欲しいのです。
ご協力をお願いいたします。

ウェ・フリーデル(ドイツ)



Dear friends,
see here a German article about manifestations in Japan:

http://www.taz.de/170000-Atom-Gegner-protestieren-in-Japan/!97399/
Can you tell me, where (Internet, Japan environmental NGOs) I can find exact information about energy saving measures during the switch-off of the nuclear power plants?

What was the related legislation?

I’d like to spread some information, because in Germany we have to save much more energy to reach our “Energiewende”-(energy transformation) goals.

All the best,

Uwe Friedel

カナダのサビ-ナ・アイジャス(Mr.Sabina Ijaz)さんから

比嘉良丸・りかさま

 比嘉良丸・りかさま、お元気でいらっしゃることを祈っています。5月24日から27日まで伝統的土着民族知恵継承者会議を開きました。テーマは水です。
 同時にカナダのマニトバでスピリットの宣言を発表しました。6月21日にみなさんに地球の水に関してお祈りをするよう呼びかけました。

5月24日から27日をメッセージをYoutubeにアップしてあります。



水の祈りとともにご覧いただけますように



長老による書籍も出版しました。「レッドマンのスピリットの旅」という本です。ウェブサイトはここをヒットされてください。
http://ignitingfire.org/links.html


 また、facebook でも下記のアドレスで見られるようにしました。
http://www.facebook.com/pages/The-Turtle-Lodge/120821970855?ref=ts where we are posting all our recent activities


 またご連絡ください。敬意をこめて。
サビ-ナ・アイジャス(Mr.Sabina Ijaz)





We hope this email finds you, Yoshimaru Higa and Rica Higa well. We wanted
to let you know what we have been doing, and ask you to share a message from
our recent Gathering of Indigenous Wisdom Keepers - A DECLARATION OF
SPIRIT - which took place in Manitoba, Canada, and which called upon all
peoples to pray for the Waters of Mother Earth June 21 and every day.

I am attaching the message which can also be viewed on Youtube at
http://www.youtube.com/watch?v=qEeR2hyPoggおうs
along with a Prayer for the Water which can be viewed at
http://www.youtube.com/watch?v=n8ZW24Jw2fI&feature=channel&list=UL


We have also recently published a book by the Elders, entitled THE JOURNEY
OF THE SPIRIT OF THE RED MAN, which can be ordered through our website at
http://ignitingfire.org/links.html.

We have a Facebook page at
http://www.facebook.com/pages/The-Turtle-Lodge/120821970855?ref=ts where we
are posting all our recent activities.

Looking forward to your news!!

Respectfully and with warm regards,

Sabina


ウェ・フリーデルさんから

りかさん

 お二人(比嘉良丸・りかさんたち)からのお祈りに対しまして感謝を申し上げます。あなたたちからのその祈りがわれわれの活動に渇を入れていただいていると感じています。

 この世のすべての生きとし生ける生物の世界とファミリーのなかで植物、動物、石類などの鉱物もすべてみんなファミリーであるという認識をもっています。これをわれわれ人間たちは再認識すべきでしょう。

 もし、この認識が断絶すればわれわれ人間は孤立化し、さらに怒る存在と化してしまうことでしょう。われわれは物質的な裕福さを求めます。それは物質的な裕福さがわれわれの貧しい精神をなんとかしてくれると思い込んでいるからです。でも現実はそうではありません。われわれはもっともっと逼迫し、孤立化することでしょう。

 われわれはまだそのワケがわかっていません。それは毎日この全体的な地球のファミリーから自分たち人間だけを追い出しているという事実に気がついていないからです。

 もし、われわれがこのファミリーの一部であると気がついたならば、もう一度ハッピーになり、リラックスできるようになることでしょう。

 もうすでに物質的な裕福さを求める必然性も必要もありません。
 この地球という星からわれわれが必要な分だけをいただいて、すべての生物、兄弟たちをこの星で生存できるようにシェアし、みんなで共存さえできればそれでいいのです。
 
敬具
 ウェ・フリーデル




Dear Rica-San,

Special thanks also for the prayers of the two of you.

I sense that they are strengthening our activities!

There is a way for us human beings to learn and feel again that we are members of this family of all beings, the plants and animals and stones and so on.

Feeling disconnected, we are desperate or lonely or angry. We gather material richness, because we think that we can feed our hungry souls with it. But it doesn’t work. We only get more and more desperate and lonely and angry.

But we don’t know why, because we are not aware of pushing ourselves out of the family of life everyday.

If we understand again that we are member of this family, we will feel happy and comfortable and relaxed again.

No necessity any more to gather material richness. We will only take what we really need and leave our brothers and sisters from the plant people and animal people alive.



Warm regards,

Uwe Friedel
書籍
聖書の暗号とスピリットからの啓示

聖書の暗号とスピリットからの啓示
著者:比嘉良丸
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


地球規模の大変動が起こるとき、私たちはいかに生きるか。●地球上の精霊たちは、人類に未来を託すべきか否かを審議している。●宇宙の高度な存在達が、地球人の覚醒を待っている。●福島の事故から教訓を生かさないと、事故はあと三回起こる。●安心して子孫を残せるよう、これからは母系社会になる。●日本を戦争に向かわせようと闇の勢力が暗躍している。

いのちの地球よ永遠にあれ

いのちの地球よ永遠にあれ
著者:比嘉良丸
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


各地で行った勉強会(学びの和)などの内容などから、より良き未来を子供たちに残すためにぜひ知っておいて頂きたいことを記しました。さまざまな都合で勉強会に参加できない方などは是非この本を買ってお読みください。勉強会に参加頂いている方も、聞いた内容をより深く、明確に理解するためにぜひお買い求めください。よろしくお願いいたします。

ウェブショップでも販売いたしております。

祈り合わせ、更新案内
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。